【漫画】ひとりぼっちはさみしくての1巻が無料だったので試し読みしました

千葉コズエの漫画「ひとりぼっちはさみしくて」が1巻無料だったので読んでみました。キャラがストーリーに合ってるし、絵もキレイなんだけど、先が読めてしまうのがちょっと残念。
MENU

【漫画】ひとりぼっちはさみしくての1巻が無料だったので試し読みしました

まんが王国で「ひとりぼっちはさみしくて」が1巻無料だったので読んでみました。

 

詞央と直は歌手になれるのか?または別々の道を歩むのか?という内容だと思うんだけど、

 

そんなことより直に施設育ちという過去があったことに驚き。

 

それまでのストーリーではそんな素振りなかったのに、いきなりすぎる(*_*)

ひとりぼっちはさみしくてのあらすじ

大人しくて人見知り、人と話すのさえも苦手で友達もいない詞央は、不良の直に憧れていた。

 

直は、自分の思うままに自由に生きているように思える。

 

詞央にはそんな直の背中に、真っ白な天使の翼が生えているように見えていた。

 

詞央は直のその目には見えない翼を題材にノートに詞を書き、ひそかに歌まで作った。

 

諦めかけてはいるものの、歌手になる夢を捨てきれないでいる詞央。

 

そのノートが直に知れたことがきっかけで2人は友達に。

 

直の自宅に招待されてみるとたくさんのギターが並んでいて、直も音楽好きなんだと知る。

 

意気投合した2人は親の目を盗んで歌手デビューのきっかけを探しに夏休みに東京へ行く計画を立て、実行する。

 

そこで出会ったインディーズバンドに詞央だけがスカウトされて・・・?

ひとりぼっちはさみしくての主な登場人物

七原 詞央
子供の頃から歌うことが大好きで歌手を夢見てる。
毎日ノートに感じた事を詞にして誰にも知られず作曲している。
でも両親からは歌手になる夢を猛反対されていて、自分には無理だとあきらめかけていた時、直と友達になる。

 

高樹 直
ほぼ白の金髪に耳にはたくさんのピアス。
見た目だけで言うと田舎ではめずらしいほどの不良。
でも実は過去に親に捨てられた経験があったりとなかなかの苦労者。

ひとりぼっちはさみしくてを読んだ感想

大人しい女の子と、金髪の不良はまず友達にならんでしょ。

 

ほんと漫画ってなんでもアリだわ。とかって擦れた気持ちで読み始めましたw

 

でもね、読み始めてしまうとなんでこうも・・・

 

手が勝手にページをめくって200ページ弱がわりとあっという間でした。

 

全体的に綺麗な話し?というか、いかにもなフィクション感はすごいんだけど「これはこれで」という感じ。

 

キャラがストーリーに合ってるし、絵もキレイだし。

 

でもやっぱ個人的にはあんまりおもしろくはなかったかなー。

 

大体その先の展開がわかっちゃうような内容なんですよね。

 

ハラハラする感じとか「えー!」ていう予想外な展開がないというか。

 

読めないことはないんだけど、続巻が楽しみなほどではない、という感じ。

 

まぁもう私自信が夢見る年頃ではないからかもしれない・・・悲

 

自分が中高生の頃にこれ読んでたらおもしろいって感じそうな話しでした。

 

リボンとかフラワー(まだあるのかわかんないけど)の連載漫画が好きな人は好きだと思う!

このページの先頭へ